出版リスト|作業療法士 野村寿子

野村式ピントくる姿勢のはなし! -心とからだを整える15の法則

野村式ピントくる姿勢のはなし! -心とからだを整える15の法則

野村寿子 2014

リハビリテーション技術をもとに製作したクッション「p!nto(ピント)」を使って、普段の体の状態を確かめつつ、
よりニュートラルな姿勢の習慣を取り戻していくための15のセンテンスがつまった内容。
姿勢が普段の生活にどのような影響を与え、それを改善していくことで得られる
「元気になるきっかけ」を豊富な図解で伝える。

知の生態学的転回2 技術: 身体を取り囲む人工環境(東京大学出版会

知の生態学的転回2 技術: 身体を取り囲む人工環境(東京大学出版会) 共著

村田 純一(編) 2013

「人間環境」の多様な問題を、ジェームズ・ギブソンが提唱した生態心理学の知見から 考察するシリーズ。
環境によって作られてきた人間は、環境を改変してきた存在でもある。本巻では、
この人間=「技術的環境内存在」のあり方を空間、運動、道具の使用と制作の観点から具体例に沿って明らかにする。

包まれるヒト -〈環境〉の存在論(岩波書店)

包まれるヒト -〈環境〉の存在論(岩波書店) 共著

佐々木正人(編) 2007

身体を支える大地、視覚を支える太陽光、生活を支える居住空間、姿勢を支える椅子...
ヒトを取り囲む〈環境〉は、ヒトを拘束し、また可能性を開く基礎条件である。
人間科学が長らく等閑視してきた〈環境〉を、哲学史、身体論、芸術論の視点から吟味し、
21世紀のヒトを展望する、研究者、実践家、表現者が交差する構成。

遊びを育てる -出会いと動きがひらく子どもの世界(協同医書出版社)

遊びを育てる -出会いと動きがひらく子どもの世界(協同医書出版社)

野村寿子、佐々木正人 1999

子供たちの「遊び」を育てることは、生きる力を育てることである。
発達遅滞、重度障害などの子どもたちに「遊び」の機会をいかにして与えるか、
そして周囲の人間はどのように援助すべきかを具体的に示す。

ページの先頭へ戻る